会規則について

第1章(総則)

第1条(名称)
本クラブは、東京工業大学ハンドボール倶楽部(以下「本クラブ」という)と称する。
英語の略称はTITTHとする。

第2条(目的・事業)
本クラブは、クラブ会員相互の親睦と連絡を図ることと、東京工業大学ハンドボール部の健全なる発展に寄与することを目的とし、次の事業を行う。
(1) 本クラブ会員相互の親睦のための会合・行事等の企画・実行
(2) 東京工業大学ハンドボールOBチームの編成及びこれと同様の目的を有する他チームとの試合の企画・実行
(3) 会員名簿の作成及び会報の発行等
(4) 東京工業大学ハンドボール部に対する技術指導
(5) 東京工業大学ハンドボール部に対する財政援助
(6) その他本クラブの目的遂行に必要な事項

第3条(本部・支部・分会)
1.本クラブの本部を東京都内に置くこととし、必要に応じ、国内外に支部及び分会を置く。
2.支部及び分会の組織及び運営については、それぞれの支部及び分会で適宜決定する。


第2章(会員)

第4条(会員の資格・義務)
1.本クラブは、東京工業大学ハンドボール部に在籍した者、及び会員2名以上が推薦し、第7条第1項に定める役員会の承認を受けて会長が認めた者をもって構成し、東京工業大学の卒業の有無、在籍期間の長短、性別を問わない。
2.会費は原則として年3,000円とする。その徴収方法、減免等の所要の事項は総会で決定する。

第5条(除籍・除名)
1.多年にわたり正当な理由なくして音信不通の者は会員の資格を失うことがある。
2.会員で不都合な行為のあった者は、第7条第1項に定める役員会の決議を経た上で、会長がこれを除名することができる。


第3章(役員・会議)

第6条(役員)
本クラブに以下の役員を置く。
会 長 1名
副会長 2名
幹事長 1名
幹 事 若干名
総務担当幹事 1名
会計担当幹事 1名
監査担当幹事 1名

第7条(役員会・幹事会等)
1.役員会は、会長、副会長、幹事長、総務担当幹事、会計担当幹事、監査担当幹事及び幹事をもって構成し、会長が招集するものとし、総会承認事項の事前審議を行うとともに、本クラブの事業に関する方針及び重要な個別事項を審議決定する。
2.幹事会は、幹事長、総務担当幹事、会計担当幹事及び幹事をもって構成し、必要に応じて、幹事長が招集するものとし、本クラブの事業の企画・実行に関する事項を審議・決定する。

第8条(選任)
1.会長、副会長、幹事長、総務担当幹事、会計担当幹事、監査担当幹事及び幹事は役員会において候補者を選出し、総会で選任する。
2.幹事は原則として継続する4卒業年次を1グループとして、幹事1名以上を総会において選任する。グループの年次割については別に定める。

第9条(職責)
1.会長は本クラブの会務を総括し本クラブを代表する。
2.副会長は会長を補佐し、会長に事故ある時はその職務を代行する。
3.幹事長は幹事とともに第2条に掲げる本クラブの事業を企画・実行する。但し、重要な事項については役員会又は総会の承認を得なければならない。
4.総務担当幹事は、本クラブの会員名簿管理を含む総務全般に関する業務を行う。
5.会計担当幹事は本クラブの会計を管理・総括するとともに、東京工業大学ハンドボール部の部長の承認を得てその会計について必要な助言を行う。
6.監査担当幹事は会計が適正になされているか監査する。
7.幹事は幹事長の下で、本クラブの事業を企画・実行する。

第10条(任期)
役員の任期は2年とする。但し再任、重任を妨げない。

第11条(欠員の補充)
任期期間中に役員の欠員が生じた場合は、役員会において補欠を選出して会長がこれを委嘱し、直近の総会に報告し承認を受ける。その任期は前任者の残任期間とする。

第12条(顧問)
本クラブに顧問を置くことができる。


第4章(総会)

第13条(招集)
1.定時総会は、年1回、毎年12月に会長が招集する。
2.臨時総会は、必要に応じ役員会の要請により会長が招集する。

第14条(承認事項)
以下の事項は総会の承認を得なければならない。
(1) 会長、副会長、幹事長、総務担当幹事、会計担当幹事及び監査担当幹事の選任
(2) 前年度事業報告及び次年度事業計画
(3) 前年度決算報告及び次年度予算
(4) 規約の変更
(5) その他役員会において必要と認めた事項

第15条(採決等)
1.総会の議事の決定は、出席会員の過半数をもって決する。但し、可否同数の場合は会長が採決する。
2.総会に出席できない会員は、総会における議決権行使を、他の出席会員に委任することが出来る。
3.総会の議事録は総務担当幹事がこれを保管する。


第5章(会計及び年会費)

第16条(会計年度)
本クラブの会計年度は毎年11月1日に始まり、10月31日に終わるものとする。

第17条(年会費等)
本クラブの経費は、年会費、協賛金、寄付金及びその他の収入をもってこれにあてる。

第18条(資産管理)
本クラブの資産については、第6条第1項に定める会計担当幹事がこれを管理する。


付則
1.本規約の解釈に疑義が生じた場合は会長が決定する。
2.本規約は平成30年3月1日より施行する。