TITTHとは?

設立の経緯

東京工業大学ハンドボール部関係者の皆様へ

 東京工業大学ハンドボール部は昭和44年度入学の田嶋先輩により、同好会が創立され、その後、 体育会として活動を続け、今日に至っております。当部が発展し、50年近い歴史を築くことが できましたことは顧問の先生をはじめ、OBの皆様のおかげであり、厚く御礼申し上げます。

 本年7月中旬頃、練習場となる体育館の床面張替え工事に際しまして、大学側より、工事費用の 一部負担(約70万円)を求められておりました。現役と関わりのある近いOBだけでは負担 しきれる金額感ではないため、当該費用の捻出の為、OBの皆様方にご寄付によるご協力を お願いしたいと考えた次第ですが、名簿も整理されておらず、これの整備から着手しておりました。 その後の調整により、体育館の床面張替え工事に伴う費用負担につきましては、大学側が全額 負担することが決定致しましたため、今回はOBの皆様方にご寄付のお願いは致しません。 多くの皆様にご賛同を頂きましたことを感謝申し上げます。

 さて、今回の費用負担依頼を受け、他大を含め他クラブの取り組みを調べましたが、OB会の 定常組織が設置され、OBが現役の活動を支援していることが分かりました。我々OB有志幹事 としては、東京工業大学ハンドボール部でもOB会の定常組織を立ち上げたいと思いますので、 皆様のご賛同を頂ければと存じます。

2017年12月9日
OB有志幹事(松林、持田、内保、澁谷、池田)